子供の遊び場ドットコム

子供の乱視のための矯正眼鏡は、一度かけたら一生かけなきゃいけないの?

この記事は2分で読めます

検診や健康診断で、
子供が乱視だと診断されたら、
お母さんはショックですね。
kenkoushindan07_ganka

子供の乱視になる原因って何があるの?


子供が乱視になったので、
眼鏡をかけるようにお医者さんに言われたら、
こんなに小さい子供のうちから、
もう一生乱視用の眼鏡をかけ続けなければならないのかと、
不憫になりますね。


でも悲観するのはちょっと待ってください。
子供の乱視の矯正眼鏡は、
一度かけたら、もう手放せないのでしょうか?



調べてみました。

スポンサードリンク


発展途上の子供の目


赤ちゃんのときはほぼみんな遠視でピントの合わない、
ぼんやりした視界の中で生活しています。


それが子供になり、成長するにしたがって
視力もだんだんとピントが合う様に成長します。
body_me_side

でもその成長過程で、
さまざまな原因により乱視になってしまうと、
やはりピントが合わず、視力の成長を妨げてしまうことになるのです。


乱視により、視力の成長が妨げられると弱視や斜視など、
もっと深刻な状況を招きかねません。


視力の発達のためには、
ちゃんとピントの合う視界にしてあげることが重要です。


そのためにも、乱視矯正の眼鏡は大切なのです。


子供が眼鏡をかけると乱視がひどくなったりしないの?


近視の眼鏡はかけ始めると度が進むという人もいますね。


そんな話から、乱視の眼鏡に不安を感じるお母さんも
いらっしゃるかもしれません。


でも、子供の乱視を矯正するための眼鏡は
むしろ子供の視力の成長を守るため、
クリアな視界を確保するために必要なもの
です。
megane_case

眼鏡をかけずに乱視のぼんやりした視界のままでいると、
正常に視力が成長せず弱視になってしまったり、
黒眼の位置が定まらない斜視になってしまったりと
いいことはありません。


弱視や斜視になってしまうと、
もう眼鏡で完全に矯正することは難しくなってしまいます。


子供が乱視だと診断されたら、
早いうちに眼鏡で視界を矯正して、
子供が苦しまない様にしてあげましょう。



子供の乱視の眼鏡は、一度かけたら一生かけなきゃいけないの?


発達途上の子供には、
乱視はいろんな弊害をもたらします。


視界が二重、三重に見えるのですから、
文字を覚えようという年齢の子供には
文字そのものを見ることも難しかったり、
覚えることが困難になったり、
注意力や学力の低下にも影響するでしょう。


また、視界の悪さは眼精疲労なども呼び起こし、
体調不良や頭痛などの原因にもなりかねません。


視力が正しく成長するために、
子供の乱視を眼鏡で矯正することはとても重要なことです。


乱視矯正する間に視力が正常に成長できれば、
乱視矯正の眼鏡をはずすことのできる日がくるかもしれません


乱視と診断された子供が、
みんな乱視矯正がいらなくなるということではありませんが、
視力の発達がある程度完了する8歳くらいまでは
乱視矯正の眼鏡は必要とされています。


子供が乱視矯正の眼鏡を外せるか、
外せないかは視力の発達の度合いによりますので、
かかりつけの眼科医とよく相談されるとよいでしょう。
medical_kaigyoui

子供が乱視と診断されたら、
もしくは子供の物の見え方に疑問を感じることがあったら、
早いうちに眼科医に相談し、眼鏡をかけるなど
適切な処置をすることをこころがけましょう。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. suimin_woman
  2. kyusyoku_haizen
  3. 277305
  4. megusuri_boy
  5. job_juku_koushi
  6. mushiba_boy

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

RETURN TOP