赤ちゃんの絵本、いつから読み聞かせを始めるがベストなの?

06.252018

この記事は3分で読めます

赤ちゃんに絵本の読み聞かせをすると、
言葉の発達を促したり、想像力豊かになったりと、
良い事ばかりという情報を良く目にしますよね。


では、
赤ちゃんの絵本の読み聞かせは、
いつごろから始めると良いのでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク


赤ちゃんの絵本の読み聞かせに早過ぎるという事はありません


絵本の読み聞かせと聞くと、
赤ちゃんに一生懸命絵本を読んであげなければ、
赤ちゃんが絵本の内容をわかるようにしなければ、
そんなことを考えてしまう人がいるかもしれませんね。


でも、
絵本は難しく考えてはいけません。


赤ちゃんにとって、絵本はオモチャの1つであり、
ママと自分を繋ぐコミュニケーションツールでもあるのです。


赤ちゃんが絵本に全く興味を示していなくても、
赤ちゃんの傍で、母親が絵本を読むだけで、
その声は赤ちゃんにとって心地良く、安心できるもの。
イラストACラフ2

絵本から何かを吸収しなければと、
絵本に学習的効果を求める必要は全くありません。


親子でリラックスして、絵本と触れ合うだけでも充分なのです。


だから、赤ちゃんに絵本の読み聞かせをいつからするのかの答えは、
いつからでも大丈夫ということ。


もちろん、産後1ヶ月は、母親の体も疲弊し、
1日中、抱っこ、授乳、オムツ替えで終わってしまうでしょうから、
無理して始める必要もありません。

母親のあなたが、

「赤ちゃんに絵本を読んであげたいな」
「赤ちゃんと絵本を一緒に楽しみたいな」

と感じた時が、始め時なのです。



赤ちゃんの視力から考える絵本の始め時


赤ちゃんに絵本を読み聞かせするのはいつからが良いのか、
あなた次第と言われても、
漠然として返って悩んでしまうかもしれませんよね。


そんな方のために、
赤ちゃんの視力から絵本の読み聞かせ時期はいつからが良いのか、
ちょっと考えてみました。


赤ちゃんの視力の発達には個人差がありますが、
生まれてすぐの赤ちゃんは視力がまだ未熟で、
焦点は顔から20cm前後、
認識できる色は、黒、白、グレーのみと言われています。


新生児の世界は、
明暗の区別はつくもののぼんやりとしているのです。


なので、この時期から赤ちゃんに読み聞かせをしたい場合は、
色の強弱がはっきりして、絵柄が単純でわかりやすい絵本を、
赤ちゃんの顔から20cmくらいの距離で見せてあげると良いでしょう。


赤ちゃんの視力は、首が座る3~4ヶ月頃になると、
随分と発達し、様々な色の識別ができるようになります。


視力が発達するだけではなく、首が座って視界も広がるので、
赤ちゃんに絵本をいつから読み聞かせをするか悩んだら、
この時期から始めるのがオススメです。


赤ちゃんの視力はどんどん発達し、
早い赤ちゃんだと、生後半年で視力が1.0位まで見えるようになります。

殆ど大人と見え方が同じになるということです。


赤ちゃんの興味も広がる時期なので、
赤ちゃんと本格的に絵本が楽しめるようになります。



赤ちゃんと絵本の世界を楽しもう


赤ちゃんのペースで進んだり戻ったりできる絵本は、
DVDとはまた違った魅力を持っています。

有名な絵本ではなくても良いのです。

絵本だけではなく、幼児雑誌でも良いですし、
写真がたくさん載っている図鑑でも構いません。


私の第二子は、絵本が大好きですが、
電車か食べ物関係に興味が偏っています。
それもまた良しなのです。


赤ちゃんが絵本を食べちゃう、
そういう時期もありますよね。


赤ちゃんが全く絵本に興味を示さないこともあるでしょう。

そういう時期は、
まず自分が絵本の世界を楽しんでしまいましょう
text_ehon

自分が赤ちゃん時代や小さなころに読んだ絵本の記憶は、
残っていたとしても、漠然としていますよね。

でも、親になり、赤ちゃんの為に絵本を読んでいると、
その世界の素晴らしさに感動することがしばしばあります。

自分がたくさんの絵本に触れることで、
必ず赤ちゃんが気に入る絵本を見つけることができるでしょう。

親が夢中で取り組んでいることに、赤ちゃんは必ず興味をもつものです。



その他にも赤ちゃんの絵本に関する記事はこちら

現役ママが教える赤ちゃんがケタケタ笑って喜ぶおすすめ絵本ランキングベスト3を大紹介!

絵本の読み聞かせが子供に与える4つの良い影響はこれだっ!


のんびりと、リラックスして、
親子で絵本の世界を楽しんでくださいね。

関連記事

  1. byouki_akachan_denwa
  2. 261659
  3. baby_aruku
  4. 109894

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。