子供の遊び場ドットコム

幼稚園も習い事も同じママ友付き合いの注意点

この記事は2分で読めます

子供が成長するにつれ、
幼稚園に入園したり、習い事を始めたりして、
ママ友付き合いも多種多様になります。


幼稚園も習い事も同じというママ友も
できるかもしれませんね。


そのママ友と、とっても仲良くなって、
子供同士も気が合って、家族ぐるみで付き合えたら素敵ですよね。


でも実は、幼稚園も習い事も同じという密な関係は、
ママ友トラブルのきっかけになる場合もあるのです。


そこで今回は、
幼稚園も習い事も同じママ友との付き合い方について、
ありがちなトラブルと注意点

をお話したいと思います。

スポンサードリンク


幼稚園も習い事も同じだと、ママ友からライバル視されてしまうかも


最も良くあるトラブルの1つに、
自分が知らないうちに、幼稚園も習い事も同じママ友から、
いつの間にかライバル視されていたというものがあります。


幼稚園には、様々な発表会などのイベントがあります。

幼稚園によってイベントは様々ですが、
例えば、
運動会のリレーの選手に、
同じ体操教室に通っていたお友達が選ばれ、
自分の子供は選ばれなかったとか、

合奏の発表会で、同じ音楽教室のお友達は難しいオルガンをしたのに、
自分の子供はカスタネットだったとか、

そういうことをきっかけに、

「なぜうちの子がダメであの子はいいの?実力は同じなのに」

という感情が芽生えてしまう事があるのです。
111818

誰だって、我が子が一番大切ですよね


我が子が頑張っている分野の発表会で
大役を任せられたら嬉しいものです。


そういった気持ちが、選ばれなかった時、
マイナスに働いてしまう人も中にはいるのです。

大人気ない感情かもしれませんが、
母親ならば、そのマイナスな気持ちを
理解できる人も多いのではないでしょうか。


こういったトラブルは、
相手の気持ち次第なので、回避するのは難しいです。


気を付けることは、幼稚園も習い事も同じママ友だからこそ、
情報を密に伝え過ぎず、礼儀を弁えて接することが大切です。


もちろん、自慢などもっての他です



幼稚園も習い事も同じママ友とは協力関係のはずだったのに…


次に、良くあるのは、そんなつもりはなかったのに、
いつの間には、どちらかに負担が偏ってしまった場合のトラブルです。


幼稚園も習い事も同じママ友とは、
親しくなって楽しいママ友関係になれることが多いです。


親しくなると、遊ぶ機会も増えますし、
お互い育児で大変なので、協力し合うようになりますよね。
joshikai

中には、幼稚園から習い事まで、どちらかの車で送迎をしたり、
忙しい時は、どちらかの母親が子供たちを引き受けたりすることが
あるかもしれません。


大変な育児、お互い協力し合えるママ友ができたら、
とっても素敵な事。


だけど中には、断れない性格の人もいるのです


最初は、心から「私がやるよ」と色々なことを
引き受けていたのかもしれませんが、
いつの間にか、相手より自分の方が、
負担が大きいと感じてしまい、
それを相手に伝えることができず、
不満を膨らませてしまうこともあります。


なので、幼稚園も習い事も同じだと、
ママ友同士で協力した方が合理的なこともたくさんあります。


しかし、基本的には
我が子は自分がみるという姿勢を忘れず
助け合う時は、
お互い様を心がけて感謝の気持ちを忘れないようにしましょう



幼稚園も習い事も、主役は子供です


子供が幼稚園に通う期間は、
親子関係が密になる時期でもあります。
hahako_girl

この時期の習い事は、母子分離型でも、
まだまだ親のフォローが必要なことも多いでしょう


その為、自然とママ友付き合いも深くなる時期です。


幼稚園と習い事が同じだと、ママ友と顔を合わす機会も多く、
気の合うママ友ならば、最高に楽しい時間が過ごせますが、
そうではない場合、そのママ友へ思うことが出てくるかもしれません。


だけど、
幼稚園も習い事も、主役は子供です。


親はフォローに回って、苦手なママ友は、
上手く受け流してしまいましょう。


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. friends_mamatomo
  2. mama_kai
  3. joshikai
  4. friends_woman
  5. aisatsu_sayounara
  6. present_kuma

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

RETURN TOP