子供の遊び場ドットコム

子供が幼稚園の頃の習い事、月謝はどれくらい?

この記事は2分で読めます

子供が幼稚園に入園すると、
そろそろ習い事を考える人も増えてくる時期です。

早い子は、0歳の頃から習い事をしているという話も聞きます。


子供が幼稚園の時、習い事での月謝は、
皆どれくらいかけているものなか、ちょっと気になりますよね。

今回は、
子供が幼稚園の時の習い事の月謝について
少しお話させていただきます。

スポンサードリンク


子供が幼稚園の頃に人気のある習い事と月謝


子供が幼稚園の頃に人気の習い事をいくつか紹介します。

★水泳教室
私の周囲では、最も人気のある習い事が水泳教室です。
baby_swimming
週に何回か、通う教室により変わりますが、

月謝の相場は7000円~10000円です。


★公文やどらキッズなどの学習系
小学校受験の塾とは別に、
習い事としての学習教室も人気です。

公文の場合は、1教科あたり月謝は6480円。

どらキッズの場合は、地域差はありますが、
教材費は別で月謝は6000円前後です。


★英会話教室
大手から個人まで様々ですが、
英会話も人気の習い事です。

グループレッスンか、ネイティブかなど、
条件によって月謝は変わりますが、
6000円~15000円程度が相場です。
kodomo_kyoushitsu_eigo


★音楽関係の教室
大手だとヤマハ音楽教室が最も有名です。

その他、カワイ音楽教室も全国に教室があります。

個人のピアノ教室やバイオリン教室もあります。

月謝は、個人の先生の場合は、先生次第ですが、
子供が幼稚園の間は、5000円~10000円程度のところが多いようです。

グループレッスンのヤマハ幼児科の月謝は教材費別で6000円。

カワイ音楽教室は、年齢によって月謝は変わりますが、
子供が幼稚園の間、グループレッスンだと、月謝は5250円~6825円です。
electone_girl


★バレエ教室
最近女の子の習い事で人気が出ている習い事です。

月謝は週に何回か、所属するバレエ教室の特色により、
5000円~15000円程と、かなり差があります。
ballerina


習い事によっては、
発表会の会費や衣装代、ユニフォーム代や教材費など、
月謝以外に経費がかかる場合も多いです。


幼稚園の課外授業の習い事の月謝


幼稚園では、保育時間後に、
月謝制で様々な課外授業を行っているところもあります。
youchien_tatemono
幼稚園の課外授業で多いのが、

・体操教室

・サッカー教室

・絵画教室

・英会話教室

・学習系の教室

・チアリーディング

・水泳教室

・音楽教室


幼稚園によって様々で、課外授業のない幼稚園もあります。


幼稚園の課外授業の良いところは、
保育時間が終わってから、
そのまま幼稚園で習い事ができることです。


月謝も、比較的割安なことが多く、
5000円~7000円程度が相場です。


子供も、幼稚園のお友達と一緒に習い事ができるので、馴染みやすく、
母親も、子供の習い事を通じて幼稚園でのママ友ができるので、
幼稚園の課外授業はメリットが多い習い事です。




幼稚園児の習い事、結局皆いくらくらい月謝を払っているの?


私事で恐縮ですが、
娘が通っていた幼稚園では、話を聞く限り、
課外授業も含めると、子供の習い事の平均の数は
3つ前後といったところでした。


もちろん、1つの人もいれば、ゼロの人もいますし、
もしかしたら、日替わりで週5習い事、という人もいたかもしれません。


月謝の高い安いはわかりませんが、
単純計算で、皆さん幼稚園の子供の習い事に、
トータルで月謝を10000円~20000円ほどかけていると予測します。


結構な金額ですよね。
money_fly_yen

私の場合は、娘が年少の時は、
幼稚園生活に慣れることを第一とし、
年中になってから、ピアノの習い事を始めました。

月謝は6000円です。


その後、小学校に入学してしばらくしてから、
もう1つ習い事を増やしました。


現在子供の習い事の月謝のトータルは、
約14000円ですが、幼稚園の保育料がなくなったので、
経済的には随分楽になりました。


年々各家庭によって子供の習い事にかける
月謝の差が開いています。

しかし、
幼稚園時代、習い事はこれだけやれば正解、
というものではなく、子供が
自ら意欲的に取り組む習い事を選ぶことが最も重要です。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. suimin_woman
  2. 329804
  3. present_box
  4. udon_tanuki
  5. athletic_kids
  6. hanadi

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP