子供の遊び場ドットコム

忘れないで!子連れキャンプに絶対必要な持ち物リスト6点!!

この記事は2分で読めます

そろそろ子供も小学生ぐらいになると、自然に触れさせたいと
子供にキャンプデビューをさせようと考えている方も多のではないでしょうか?


大人だけのキャンプと違って、
子供と一緒のキャンプは色々と事前準備が必要な物があります。


もう赤ちゃんじゃないから荷物は少なくて大丈夫かも?
と思われがちですが、意外とそうでもないようです。

子連れのキャンプに初めての方は、
子供用の持ち物は何を持っていけば良いのか分からないですよね?


そこで今回は、
私が実際に子連れキャンプに行った時に思った
子連れのキャンプに持っていった方が良い持ち物リスト6点
をご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク


子連れキャンプで絶対必要な子供の持ち物リストとは?


私が実際に子連れキャンプをして、
これは持って行った方が良いと思ったものをリストアップしてみました。

①着替え&下着
子供は水に濡れたやら、汚れたやらで
とにかく着替える機会が多いので多少大目に持っていきましょう。

実際に私がキャンプに子供達と行った時は、
やれ水遊びで濡れただの、食べ物をこぼしただの、遊んで汚したなどで
4回ほど着替えをさせました。


②パーカー
キャンプ場は山の中などにあるところが多く、
昼間は暑くても夜間に冷え込むことがあります。防寒対策に是非。

我が家では山の中の天候を軽く考えていて、上着を持っていきませんでした。
気づけば子供達は寒さで震えていて、慌てて旦那のシャツを重ね着させました。


③大きめのバスタオル
バスタオルは体を拭くこともできるし、タオルケットがわりにもなるので
大きめでなくてもバスタオルは数枚持っていくと便利ですよ。


④虫よけ&かゆみ止め
キャンプ場は色々な虫と遭遇する機会が増えます。
虫が苦手な子供なら必需品ですね。


⑤風薬&解熱剤
子供はいつ体調を崩すのか予測不可能です。
風薬と解熱剤は持参しましょう。
またもしもの時の為に保険証も忘れずに


⑥絆創膏&消毒剤
子供はよく切り傷や擦り傷をつくるので、絆創膏は大目に持参しましょう。
消毒剤も一緒に持っていくと安心ですね。
bansoukou
これらが、子連れキャンプでマストハブな持ち物リストです。


子連れのキャンプ!お楽しみグッツでおすすめなものは?


子連れでのキャンプで、親子で一緒にまた子供がキャンプで楽しむ持ち物を
リストアップしてみました。

★花火
キャンプ場で子供も大人も楽しめるのが花火ですよね。
ただし、場所によっては禁止されている場合があるので要確認です。
hanabi_bou


★ビニール製のボール
かさ張らずコンパクトに収納できるのでお勧めです。

我が家の子供達はビニールボールは大活躍でした。
キャンプ場で出会った新しいお友達も交えて楽しそうに遊んでいましたよ。


★子供の遊び道具
砂場セットやボールなど、訪れる場所によって持っていく道具を決めましょう。


★水着
泳ぐ場所があれば、忘れずに!
泳がない場合でも、水遊びの時水着だと動きやすいので
持ち物リストに加えておきましょう。


子連れのキャンプであると便利なものは???


子連れでのキャンプで、
これは!と思ったものをリストアップしてみました。

★日焼け止め
キャンプ場の日差しは思いのほか強いです。
肌質にあった日焼け止めを選びましょう。

★帽子
通気性の良いものがお勧めです。
子供は汗をかきやすいので、通気性が悪い帽子ですと頭が蒸れてしまいます。

★レジャーシート
キャンプ場が整備させている所でも、
子連れの場合屋外の活動ではレジャーシートが何かと役立ちます。


まとめ


今回は子連れキャンプに必要な持ち物リスト6点
プラスあれば便利なものを紹介しました。

キャンプ場の場所によっても持ち物は変わったりはしますが、
基本的には対自然。

想定以上のことを考えて着替えや寒さ対策などしておくことを
おすすめします。

せっかくのキャンプ。
体調を崩したら楽しめなくなるので、体調管理をしっかりして
キャンプを楽しみましょう。




スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. mushitori
  2. suimin_woman
  3. sick_teashikuchibyou
  4. kaze_woman
  5. 329804
  6. kyusyoku_boy_girl

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

RETURN TOP