子供の遊び場ドットコム

新1年生ママ必見!!小学生の運動会、お弁当作りで気を付けることとは?

この記事は2分で読めます

運動会のお弁当作りと言えば、母親の頑張りどころですよね。


この日ばかりは、料理が苦手な私も早起きして、
我が子の為に、気持ちが盛り上がるお弁当作りをします。


ところで、幼稚園と小学生では、
思っている以上に運動会の内容に差があることをご存知ですか?

もちろん、お弁当を食べるシチュエーションも変わってくるんです。


そこで新1年生のお母さんの為に、
小学生の運動会のお弁当作りで気を付けるべきこと
についてお話します。

スポンサードリンク


小学生の運動会はお弁当の時間がタイト!?


小学生の運動会のお弁当で、最も気を付けたいのが、
お弁当の食べやすさです。


幼稚園と違い、小学生は6学年ありますよね。

なので、子供の出番は幼稚園と大して変わらないのに、
競技と競技の間の時間が短く、
次々にスケジュールが進んで行くのです。
school_undoukai (1)

これは、お弁当を食べる時間にも言えること。


小学校の運動会のお弁当は、
学校によっては親子別々で食べる学校や、
親子で一緒に食べる学校と様々です。


しかし、どちらの場合にも言えるのが
運動会のスケジュールがタイトな為に
とにかくお弁当を食べる時間が短いです。


我が子の小学校では、親子一緒に食べるという学校でした。

小学校の運動場の面積がギリギリで、
全ての親子が予めお弁当を食べる場所を確保できるわけではありません。

そのため、運動会でお弁当の時間になると、
体育館や運動場の中央部を食べる場所として一時的に開放するのですが、
大勢が動くので、その移動と場所決めだけで、
かなりの時間を取られてしまい、
子供の初めての小学生の運動会では、
食べる時間が僅かになってしまいました。


2年目はその教訓を得て、
朝夫が並び、良い場所を最初から確保していたのですが、
それでも、のんびりとくつろぎながら食べるというより、
とりあえず空腹を満たす為に、いそいそと食べるという感じ。


しかも、子供の運動会は5月の終わりなのですが、
毎年気温が30度前後になることが殆どで、
貴重なお弁当の時間も後半10分は健康観察の時間になってしまいます。

慌ただしく食べた後は、この健康観察を行うために、
子供は自分のクラスの教室に行かなければならないのです。


小学生の運動会のお弁当は、見た目はもちろん食べやすさ重視!


このように、小学生の運動会でお弁当を食べる時間は、
案外短いものなのです。

だからこそ、小学生の運動会のお弁当は、
何より食べやすくすることが重要!


お弁当の鐵板、おにぎりは、
食べやすくて、エネルギーもバッチリ吸収できるので、おすすめです。

おにぎりは具材を工夫すると彩も豊かで見た目も華やかになります。


小学生の運動会のお弁当は、
おかずも食べやすく工夫しましょう。


不器用で料理下手な私は、子供が幼稚園の頃から、
お弁当で大活躍しているアイテムがあります。

それは、ピック
IMG_7725
お弁当グッズ売り場に行くと、可愛らしいピックがたくさんあるんですよね。

これを、おかずに刺してしまえば、
そのままパクッと簡単に食べられる上に、
ピックがお弁当の見た目を一ランク上げてくれるのです。


小学生の運動会のお弁当、デザートは保冷剤変わりに


小学生の運動会のお弁当、脇役だけどデザートだって大事です。

小学校の運動会は5にする学校、9月10月にする学校と様々です。


どちらの季節でも
まだ汗ばむ時期なので、冷たいデザートがあったら最高ですよね。

そこで、私は果物の他に、
いつも一口ゼリーを凍らせてお弁当に詰めています。

保冷剤代わりになるし、
一生懸命運動会で頑張って疲れた体に、
冷たくて喉越しの良いゼリーは、子供に大好評!


その他、缶ミカンだけをお弁当のタッパーに入れて、
カチンコチンに凍らせるのもおすすめです。

タオルに包んでおけば、
お弁当を食べる時間になるころには、丁度良く半溶け状態になっています。


どちらも全く手間がかからないので、
私のように、料理下手を自覚している人にはおすすめですよ(*^^)v


小学生の運動会、子供にとっても手造りのお弁当は特別です。

子供を応援する気持ちを込めて、思い出に残るお弁当作りを頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 134259
  2. jungle_jim_kids
  3. IMG_4381
  4. tsukimi_jugoya
  5. party_cracker
  6. woman_okurimono

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP