子供の遊び場ドットコム

初節句、男の子の兜は誰が買うもの?

この記事は2分で読めます

男の子が生まれると、
初節句に兜を用意しなければと思いますよね。

昔はこどもの日が近づくと、
こいのぼりを良く見かけましたよね。
pyoko5_koinobori

けど、
最近では人口密度の問題なのか、
あまり見かけなくなりました。

でも、こいのぼりは用意できないけど、
初節句で男の子に兜を準備する家庭は
とても多いと思います。

そこで1つの疑問が生まれます。

初節句で、男の子の兜って誰が買うのだろう?

そこで、
初節句で男の子に兜を用意するその意味と、
誰が買うのか、最近の事情について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


初節句から、男の子には兜を飾る意味


日本の歴史にさかのぼりますが、
兜や鎧は、昔は戦いの時自分の身を守るためのものでした。
sanada_yukimura

なので、男の子が生まれると、
病気や事故などから守ってくれますようにと願いを込めて、
兜や鎧を飾るようになったのが始まりと言われています。


しかし、
どの家庭にも兜や鎧があるわけではなく、
今のように飾ることを目的として作られた兜が出始めました。


初節句から、男の子に兜を買うのは、
様々な災厄から大切な我が子を守ってほしい、
すくすくと育ってほしいという、家族の願いの表れ
なのです。


初節句で男の子に兜は誰が買うのが良い?


では、初節句で男の子に兜は誰が買うのかという問題ですが、
昔からの風習だと、お嫁さんの両親が用意
するものだそうです。
ojiisan_obaasan

これは、大昔、結婚はお嫁さんの実家に通っていたこと、
子供が生まれると、お嫁さん側の実家で育てていたことの名残です。


結婚形式が、妻の実家に大きく傾いていたので、
自然と、母方の両親が、子供に関する様々なものを用意していました。

なので、そういった風習を大切にするご家庭は、
初節句の兜を誰が買うかと言うと、
母方のご両親が、男の子の兜を用意するかもしれませんね。


しかし、現在は多様化しました。


初節句に、男の子に兜は誰が買うか、
決められているわけではありません


旦那さんのご両親が用意することもありますし、
高価なものなので、両家から頂いた初節句のお祝い金で買う人もいるでしょう。


もちろん、好きなものを選びたいからと、
自分たちで買う人もいます。


初節句の男の子の兜は、お下がりではいけないの?


兜のイメージと言えば、
子供がいる家庭が、こどもの日に飾るもの、ですよね。


だけど、本来の意味は、子供時代だけではなく、
男の子の一生を守る大切な存在なのです。


男の子だけではなく、
おじさんになっても、おじいさんになっても。


なので、初節句から飾る男の子の兜は、
基本的に「ひとり1つ」です。
kabuto

ということは、
お下がりはダメということになりますよね。


お父さんの兜を息子にあげたら、
父親を守る存在がなくなってしまうということですから。


でも、我が家の兜は夫のお下がりです。


ちなみに、娘もいますが、娘のお雛様は私のお下がりです。


現在の住宅事情から、家族一人1つに兜やお雛様を用意して、
節句の時にはそれぞれ全部出して飾るというのは、
なかなかに難しいです。

そのため、
父や母から良いものを受け継ぐという意味を込めて
兜を父親からお下がりとしてもらう家庭も増えています。


時代は常に変化し、その形も変わってきます


初節句、男の子の兜は誰が買うかが問題ではなく、
我が子が元気に育ってほしいという気持ちが、
何より大切ですね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. akachan_honyubin
  2. 075568
  3. akachan_cry
  4. 097275
  5. 255821
  6. 095004

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

RETURN TOP