子供の遊び場ドットコム

子供の水疱瘡。どのくらいの期間感染力があるの?

この記事は2分で読めます

風邪のような症状が続くと思っていたら、
発疹が出てみるみるみずぶくれになっていく水疱瘡


水疱瘡はとても感染力の強い病気として知られていますが、
どのくらいの期間感染力があるのでしょう?


また、子供が水疱瘡になってしまったら、
どのくらいの期間お休みする必要があるのでしょう


そこで、今回は
子供の水疱瘡はどのくらいの期間感染力があるのか
について調べてみました。

スポンサードリンク


感染力のつよい水疱瘡


水疱瘡は、
水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによって
感染する病気です。
kayui

空気感染、飛沫感染、接触感染とどの
感染経路からも感染します。


また潜伏期間も長く、
その間も感染力は皆無ではないため、
非常に感染しやすい、感染力の強い病気と言えます。


子供が水疱瘡にかかってから治るまで


水疱瘡の潜伏期間は10日から20日と長くいです。


しかし水疱瘡に感染していることは分からないことが多いので、
結果的に多くの人にうつしてしまうこともあります。


発症前3日くらいから、
発熱や風邪のような初期症状が出る場合もありますが、
個人差が大きく全く何もないことも珍しくありません。


水疱瘡の発症期である、
発疹⇒水泡⇒かさぶた
になるまでの期間は約7日から10日間
と言われています。


実際は、
発症する1日前からかさぶたになるまでが一番感染力が強く、
この期間は保育園や幼稚園、学校をお休みし、
外出は控えなければなりません。


また、水疱瘡の発疹が出始める頃は痒みも強く、
子供が掻いてしまうことで
発疹や水疱が一気に広がってしまうこともあります。
010955

水疱瘡の水疱はそれだけでも跡に残りやすいので、
掻いてしまうと発疹や水疱を広げるだけでなく、
跡に残る可能性も大きくなってしまうので、注意が必要です。


その後、
水疱がかさぶたになってしまえば感染力も弱まり、
他人に感染することもなくなっていきます。


子供が水疱瘡になってしまったら、
発症後から水疱がかさぶたになるまでの10日前後
はお家で大人しくしている必要があります。


まとめ


子供が水疱瘡にかかったとわかるのは、
大抵の場合は発疹が出て発症してからです。


発症後に感染力は最大になりますが、
潜伏期間も感染するため集団感染で
学級閉鎖などになることも珍しくない病気です。


発症前に感染を察知するのは困難ですが、
子供が水疱瘡にかかったら、
全身の水疱が全てかさぶたになるまでの期間は外出はさせず、
お家で大人しくしていなければなりません。


登園、登校して良いかどうかは
かかりつけのお医者さんの指示を仰いで、
感染の可能性が完全になくなってからにしましょう。


PS


子供が病気になると色々心配になりますよね。

そんな様々な子供の病気に関する記事

子供の熱が40度まで上がってしまった!どんなケアが必要?

子供に熱があるけど、元気。受診した方が良い?

子供の乳歯が虫歯になって神経を抜くことになった…永久歯への影響は?

子供が手足口病の時は、どんな食事が良い?

子供が手足口病だけど、お風呂に入れても大丈夫?

子供の花粉症、どんな対策が効果アリ!?



子供の病気や病院に関する記事をたくさん書いています。

子供の病気で心配している方、
是非読んで見てください。

お役に立てたら嬉しいです(*゚▽゚*)

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 277305
  2. haisy_chiryo
  3. kodomo_01
  4. cry_girl
  5. 329804
  6. sick_otafukukaze

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP